Surface BookではBitLockerというWindowsの機能が標準で有効になっています。

どうやらこの機能、Surface Pro 3でも標準で有効になっているようなのですが、暗号化過程でやっぱりストレージパフォーマンスに影響あるんじゃね?と考え、簡単にテストしてみました。

ちなみに、私のSurface Book 256GBのSSDは、SamsungのMZFLV256って奴です。
iFixitに128GBモデルの分解画像出てましたね。

Microsoft Surface Book Teardown

 

※BitLockerはドライブごと暗号化を行い、盗難時等のデータ流出リスクを減らすためのものです。無効化する場合は、ご自身の判断と責任を以て行ってください。

 

テストにはCrystal Disk Mark 5.0.3を用いました。

 

こちらが標準状態(BitLocker ON)での結果です。

CSuy2JcUEAAF35j

 

そしてこちらがBitLocker OFFでの結果。

スクリーンショット (2)

 

それぞれ何度か計測してベストと思われる結果です。

OFF時のシーケンシャルリードが何故か50MB/sほど下がっていますが、
4K Q32T6はリード20%でライト30%、4Kライトに至っては60%の速度上昇(低下って言うべきかな)が見られます。

HD Tuneとかでも計測したかったけど、気づいた時にはリカバリかけてたから他のデータないです。ゆるして。

 

あくまでベンチマークの結果ですので、体感に差がでるのかはわかりませんが、私的使用だけでセキュリティを特段重視しない私みたいなのにとっては、なんだか勿体ない気分にさせる程度の差であります。この差をどう見るかはご自身の判断にお任せします。

 

すでに設定されたBitLockerを解除する方法はググればいくらでも出てくるかと思いますので、リカバリで初期設定時点から無効化する方法を一応ご紹介します。
まずボリュームアップボタンを押しながら電源を投入します。

20151108_182637-1

 

するとUEFI画面に入れるので、セキュリティタブからTPMをOFFにします。

ていうか今時UEFIもタッチでいけるんですね。数年前までBIOSはキーボードじゃなn(ry

20151108_182811-1

 

Exitで再起動すると、お前やっちゃったなって感じの赤い帯が出てきますが無視。20151108_183430

 

あとはこのへんを参考にリカバリ画面に入ってクラウドリカバリーでもすればいいよ。