IYH系財政干ばつ地帯

芋は不毛な土地でも育つらしい

3GPP_TM_RD1

SoftbankのHD Voice(3G)はSIMフリー端末で使えるか

申し訳ないが浅学ゆえの思いつき実験なので、全ての文言に信憑性は0だ。

まずそこのところご理解頂きたい。(逃げ)

ちなみに結果は無理そうにおさまった。

 

 

HD Voiceとは何か

 

その名の通り、ハイデフェニションなお声のこと。

国内では3キャリアともVoLTEとHD Voiceが同時に始まったため、結構勘違いされているのだけど、HD Voice=VoLTEの専売特許というわけではなく、GSMやW-CDMA上でも実装可能で、海外では結構使われているそう。

(ちなみに、VoLTEにおいてもHD Voiceはオプション扱い。)

一般的にHD Voiceとは、今まで使われていたAMR(Adaptive Multi Rate)というコーデックを広帯域化させた、AMR-WB(WideBand)を使った通話のことを指す。

AMR-WBと区別するため、従来のAMRをAMR-NB(NarrowBand)と言ったりする。

通話の際、端末間でネゴシエーションを行い、双方HD Voice対応であった場合に、高音質での通話が可能になる。

 

 

 

手元にAMR-WBの切替えができる端末が

 

まずはこいつを見てくれ。Screenshot_2016-02-06-00-31-50

これはLG G4をゴニョゴニョした時にでるフィールドテストモードのメニューの一つなのだが、AMR-WBのOn/Off切替えができるようなのだ。

手元にはS●ftbankの黒SIMがある。VoLTEは使えなくても、S●ftbankなら3GにHD Voiceがある。これは試さないわけにいかない。ということでテストしてみた。

 

 

判定方法

 

S●ftbankの端末と違ってHD-Voice有効時でもHQマーク(だっけ?)が点灯するといった親切仕様はなさそう。

なので、iPhone 6s(VoLTE)とG4で通話し、iPhone側から音楽を流しG4側で録音したものを、On/Off時で周波数スペクトルを比較するという方法を用いた。

穴だらけであることは分かっているが、許して欲しい。

 

 

結果

 

だめです。

image454

image456

上がAMR-WB Off時、下がOn時である。

AMR-NBのサンプリング周波数はおよそ8kHzなので、両方とも変化なくこれに一致する形になっていることがわかる。

ちなみに、VoLTEのiPhone 6s同士との聴覚上の音質とは明らかに差がついていた。

 

つまり、S●ftbankのHD Voice(3G)は特定の端末以外では使用不可ということである。

 

まぁ、G4の設定周りが見たとおりに機能していればの話なので、明らかに話半分程度って感じだね、ごめんね。


Previous

NuAns Neo 3キャリア+mineoでSIM検証

Next

NuAns NeoのWi-Fiテザリングは5GHz対応 ※ただし

1 Comment

  1. Name

    “VoLTE”と”HD Voice(3G)”は温室に差があると感じています。

コメントを残す

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén