前回に引き続き、実際撮影した画像を元にレビューしていきたいと思います。

酷だとは思いますが、比較対象はGalaxy Note 5。まぁキャリアのハイエンドからの乗り換え考えてる人もいるかもしれないから多少はね?今ミッドレンジ持ってないんですよ・・・。

Note5のセンサーはソニーのIMX240であることを確認しています。センサー単体での比較に意味はありませんが、NeoのセンサーがIMX214だとすれば、1世代の差ですね。

 

設定は両方とも全てオート。縦並びが上Neo下Note5、横並びが左Neo右Note5です。

test2少し露出オーバーですかね。

 

test1

test20

蛍光灯下でAutoだと寒色気味になるようです、肉眼ではNote5よりさらに暖色でした。

 

test4

西日のあたるガンダムとシャアザク。どちらも問題なしですがNeoの白が自然ですかね?

 

test5

ライトアップ。Neoは露出オーバー気味で、若干ですがノイジーに感じられます。

 

ここから水槽。

test8

全体的に光量があると同じレベルになりますね。

 

test6

test9

test10

明所なら問題ない距離でも、暗所になるとフォーカスが合いません。

ガラス越しのものに対するフォーカスはかなり苦手なようで、展示物等は難しいかも。

Note5はかなり肉眼に近い感じで再現されています。

 

test11

デジタルズーム最大での比較。かなり差が出てしまいました。センサーサイズが違う(と思われる)ので暗所で差が出るのは仕方ありませんが、ここまで差がでると、やはりノイズリダクション等のソフトの作り込みに差を感じざるを得ないような。

 

test13

やはり暗所フォーカスが。このカットがシュールですき。置物じゃないですよ。

 

test14

Neoが圧勝する場面も。WBがばっちりで色味がとても良いです。

 

test3

夜景。問題ないレベルではあると思いますが、比較してしまうと厳しい。

 

めし3つ。

test17

1000円寿司ランチ。日光+蛍光灯って感じのライティング。

Neoの方がおいしそうですね。肉眼ではNeo寄りなこの間くらいの色味だったかな。

test16

ジンギスカン。蛍光灯下。動体に弱いのか、煙が立ってるとフォーカスが難しい。

test18

牛タン。やはり蛍光灯下だと寒色寄りになる傾向があるようですね。

 

風景がないんですが、撮る機会に恵まれなかったので今回はこれで勘弁を。

 

ひとまずまとめ

撮影センスがないのは私の仕様なのでツッコまないでください。

全体的に光量がある場面では全く問題ない品質で、部分的に光量があったりコントラストが強い場面では、全体を暗くするというより露出オーバーな挙動をします。

暗所撮影は苦手で、オートフォーカスが控えめに言ってアホ。

見たらわかるわって言われそうですが、現時点であまり言及したくないんです。

というのも、

らしいから。せめてフォーカスは今後に期待したい・・・・したくない?