どうも。

前回、Ryzen機にESXi 6.5dを入れて、SMT対応してないのを確認してガッカリしてました。

いつの間にかバージョンがu1になってたので、試しに入れてみたところ、SMT有効でも問題なく起動しました。

パフォーマンス的にも全く問題ないようです。

CINEBENCHでしかベンチしてないですが、前回結果も引用しつつ比べてみると以下の通り。

物理マシン:1518
仮想マシン(SMT無):1066
仮想マシン(SMT有):1461 ←今回測定

物理マシンとほぼ遜色ないですね。

自宅サーバーのハイパーバイザにHyper-Vを使ってるんですが、次期サーバをESXiにするか悩みものですねぇ。

余談ですが、サーバー向けのEPYCが発表されても、ESXiが非対応だとDCで稼働するようなサーバーへの採用機会はかなり減るでしょうし、SMT対応で互角に戦えるようになって、Xeonの牙城にどこまで食い込めるのか楽しみです。

(といいつつあまり期待はしていませんがw)

それではまた。

 

———————————————-

以下、ベンチのキャプです。

2017-05-27_235509

2017-06-06_203718

2017-08-06_025404