(2017/08/07追記)

先日のESXiアップデートでSMTに対応したようです。

こちらに記事置いてます。

————————————————————————–

 

どうも。

3月だか4月だかにRyzen 1700Xを買って、8コアどうせ持て余すから仮想基盤にしたろと考えた。

できればメインマシンとサーバーを統合できればなーと考えつつ、仕事で使うこと多いし勉強も兼ねてVMware vSphereやってみた。

 

構成は以下の通り。

【CPU】Ryzen 1700X
【ママン】ASRock X370 Gaming K4
【MEM】Crucial DDR4-2400 32GB
【GPU】HIS Radeon RX480
【SSD】Samsung 960EVO 500GB
Sandisk SATAのやつ480GB
【拡張】USB3.0拡張カード ルネサスのやつ
【電源】Seasonic SSR-650TD
何も考えずインストールディスクつっこむ。ESXiバージョンは6.5.0d。

まずCPU VirtualizationがONになってないぞって言われたからUEFIからON。

その後、ピンクスクリーンが出てどうやってもインストールできない。

IMG_20170527_232346

原因はSMT (ハイパースレッディングみたいなの)。切ったらいけた。

 

vSphere 6.5からvSphere Client(Win版)は基本的に使用しないことになっている。vSphere Client(HTML5版)がデフォルトで使えるので、とりあえずこれを使っていく。

現状フル機能を利用するには、vSphere Web Client(Flash版)が必要だが、これにはvCenter Serverを立てる必要がある。面倒なのでとりあえずパスした。

なお、6.5.0aのvSphere Client(HTML5版)はバグだらけのゴミだったので、6.5.0d推奨する。

使い方はだいたい直感で何とかなるし後はググってくれ。

 

とりあえず、Win10の仮想マシンを作る。メイン用だからGPUとSSD(Samsungの方)とUSB拡張カードのコントローラーをパススルーを設定し、機器から仮想マシンに入出力できるようにする。

ただし、Windowsインストール時、関係ないからSSD以外は外しておいた。

仮想マシンのタイプはEFIにしておこう。

最初Win10のインストール先に、960EVOが出て来ず焦ったが、NVMeコントローラと次の設定したら認識した。

nvmeX.present = “TRUE”

なお本当にこの設定が関係があるか自信はない。

 

Windowsのインストールが済んだら、GPUとUSB拡張カードをパススルーする。

すげぇ、仮想マシンからディスプレイに出力できてる。マウス操作もできる。

グラボのHDMI Audioをパススルーすると、仮想マシンをシャットダウンするとESXiがスタックするバグらしい状態になるので、画面出力だけにした。

 

さて、いくつかベンチマークしてみたので参考までにどうぞ。

左が物理マシンの時、右がESXi上。

(ただし、物理マシンではSMT ONだし、仮想にはメモリ12GBしか割り当ててない。GPUのドライバもたぶん違うから全く正確な比較ではない。すまんな。)

2017-04-04_0227482017-05-29_000439

960EVO(システムドライブ)のCrystalDiskMark。
4K性能は落ちるものの全く不満なし。

2017-04-05_024626MEM2017-06-07_215843

次にメモリ。MaxxMEM。

そもそも結果が安定しにくい。目立った性能低下ないし不満なし。

 

2017-05-27_2355092017-06-06_203718

みんな大好きCINEBENCH。

OpenGL:89.20fps 88.56fps

CPU:1518cb 1066cb

おそらくSMT切ったせいだと思う。約3割のスコア減である。これは勿体ない。

 

2017-05-27_2157102017-06-07_221009

FF14 紅蓮のリベレーターベンチ。スコアは6262と6306。

2560×1600で最高設定。誤差だが、上がってるんですがそれは。

 

2017-04-05_2151232017-06-07_215606

2017-04-05_2142472017-06-07_213001

3DMARK FireStrikeとTimeSpy。

それぞれ10%と5%減ってとこだろうか。及第点だろう。

 

ここまでベンチしてきたが、現状SMTが使えない中では、マルチスレッドのCPUの性能低下は明らかなようだ。

正直勿体なくて使う気にならない。

あと、GPUが常時つながれているので、アイドル時で現行のHaswellサーバー(40W)の2倍くらいの電力を食ってしまっている。

これでは常時起動だと電気代が勿体ない。

Cステートの調整もしてみたが、消費電力下がらなかったので書く気おきない。

 

この辺で思考停止して、メインマシン・サーバーの仮想化は一旦諦めた。

またそのうち再挑戦かな。

何かしらこれから挑もうとしている人の役に立てば幸い。